音楽理論

音程の補足説明 完全音程・転回音程・不協和音

音楽理論 不協和音

音程については、『音程と音階 メジャースケールやマイナースケールを理解しよう』にて、解説しました。その中で、音楽用語がいっぱい出て来すぎて、混乱するかと思い、説明を省いた箇所があります。

完全音程や転回音程、不協和音について、補足で説明します。こちらで、その内容について学んでいきましょう。

1.完全音程とは

音の正体は空気の振動で、音の違いは空気の振動数の違いという話をしました。

2音の周波数の比が正数で表されて、かつ、音の響きが特によいとされている音程を、完全音程と言います。

周波数比が1:1となる完全1度(同音)

周波数比が3:4となる完全4度

周波数比が2:3となる完全5度

周波数比が1:2となる完全8度(1オクターブ)

というように、上記の4種類に関しては、「完全」というのが、頭に付きます。

また、「完全」とはつきませんが、周波数比が正数のものは以下があります。

周波数比が4:5となる長3度

周波数比が5:6となる短3度

このように、周波数比が正数のものは、音同士が協和します(きれいに響き合う)。

したがって、Cメジャーコードの「ド・ミ・ソ」は、周波数比が正数の、長3度と完全5度からできています

周波数の比が正数のコード周波数の比が正数なので、きれいに響く

このように、良く使われているコードには、理論的な裏付けがあるのですね。

このきれいな比率をあえて外すことで不安な気持ちにさせるというコードもあるよ。それはまた今度のはなし

2.転回音程とは

音程の下側の音(あるいは上側の音)を1オクターブ上げて(下げて)できた音程を、転回音程と言います。

こうすることで、音程が変わります。したがって、音色を変えたいときなんかには、この転回音程を使います。

完全音程の場合は、転回しても、音程が変わらず、完全音程のままです。

転回音程転回音程 転回すると音程が変わる

3.不協和音とは

不協和音とは、聞くと、不快であったり、不安になるような暗めの印象を与えます

不協和音は、長2度・短2度・増4度・減5度・長7度・短7度などが該当します。この中でも特に、増4度と減5度は三全音またはトライトーンと呼ばれ、特に響きの悪いものとなっています。

ちなみに、増4度はファとシ、減5度はシとファの関係しかありません。これらは、それぞれ転回音程の関係にあります。

トライトーン(三全音)トライトーン(三全音)はそれぞれ転回音程の関係にある

これらの不協和音は、響きが良くないので、近くの響きがよい音に行こうとします。その原動力を利用して、コード進行が作られることも多いです。あえて不安や緊張させてから、安心できる音に導くという手法が、曲のなかでは良く使われています。

ジェットコースターに例えると、トライトーンの入った不安定なコードを奏でているときが、高いところまでどんどん上がっているときで、そこから落ちるところで安定したコードを使っているようなイメージでしょうか。

(ジェットコースターの好き嫌いによってイメージが変わるかもしれませんが(笑))

このコード進行については、また説明します。王道のコード進行だね

 
Nocchi_nochilog(のっち)
少額投資をこよなく愛する1児のパパ&サラリーマン。
お小遣い制でも負けずに投資をしています。

姉妹ブログ「お金ののちろぐ」では、 知るだけで暮らしが豊かになる知識を発信中!
若いうちから投資することの重要性を伝えるべく、ブログの記事を更新しています。

特にインスタグラムでは、1日1分で自然とお金の知識が身につくような情報を発信しています。
ぜひ合わせてご覧ください!
下のアイコンから飛べます!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です